コンパクトカー 乗り換え注意点

aisuumai.exblog.jp
ブログトップ

ダウンサイジングを成功させるポイント

コンパクトカー 乗り換えで注意したいのは、
ボディーやエンジンの排気量が小さくなって、
居住空間や運転感覚に不満を感じる事。


コンパクトカー 乗り換え5つの注意点

b0315771_10300816.jpg
カーリースで月1万円台で
借りるのも技のうち

カーリースなら/a>
コスモの場合車検や税金込み
ガソリン代金も格安になるので
個人的におすすめ!



●頭上や足元の空間を狭めない●

頭上や足元の空間が挟まれれば当然ながら窮屈に感じる。
特に後席の居住性は車種によって差があり、
3~4名で乗車するなら窮屈に感じないか確認したいところ。
また、後席のアレンジが豊富な車種は構造的に座り心地を損ないやすい。


●コンパクトカーの動力性能を大きく低下させない●

排気量を小さくすれば力不足が生じる心配が。
違和感を抑えるなら、
排気量ダウンは85%程度に抑えるのが理想。
実際はそれ以下になることも多いので、
登坂路で運転感覚を確認したい。


●乗り心地やノイズを確認する●

転がり抵抗の小さなタイヤを装着して空気圧を高める車種が増加。
価格も安く抑えるため、足回りのコストは高められないのが現状。
なので、乗り心地とノイズは入念に確認しておきたい。


●内装の質感をチェックする●

コストの低減を目的に質感を下げた車種が見られ、
軽自動車の方が上質に感じられることも。
質感の受け取り方はユーザーによって異なるが、
スイッチの操作性荷室のつくりなども細かくチェックしたい。


●コンパクトカーの快適&安全装備は削らない●

小さな車に代替えして、
装備まで削られると不便に感じてしまうのが本音。
特に、安全装備では手を抜きたくない!
最近のコンパクトカーは装備を充実させたオプション設定も目立つので、
必要な装備を装着した仕様で見積もりを取りたいところ。




[PR]
# by o04b86b9 | 2014-03-27 10:34